ブログ実践記

ブログを最初に立ち上げた時の心構えについて

投稿日:

一発屋
今回は初めてブログを立ち上げた時の心構えについて、私の過去の経験から初心者のみなさんの参考になりそうな情報をご紹介してみたいと思います。

いつもの記事よりも緩い感じで書いていくので暇つぶしに読んでみてくださいね。

当サイトを訪問されたみなさんはおそらく最終的にブログの収益化を目的としている方がほとんどだと思います。

そして情報を調べていく中でいろいろな先輩方のブログやサイトを閲覧することがあると思います。

そして

こんなサイト自分に作れるかな。記事も何を書いていいやら…。
初心者さん

と途方に暮れる方もいるかもしれません。

でもそんな心配はいりません。

スポンサーリンク




初心者時代はみな同じスタートライン

諸先輩方のサイトを見て

「自分にこんなん作れるの…。」

と不安になる気持ちはわかりますが、

一発屋
初心者時代はみんな同じ!

なんです。

厳密にいえばパソコンの知識がもともとかなりある人やSE(システムエンジニア)だったりプログラムの知識があったりという人のスタートダッシュは半端ないものがあったりするんですが、そうじゃない人の方が圧倒的に多いですし私もそんな中の一人でした。

一発屋
基本的に脳みそが筋肉でできている私にとってパソコンを触るということ自体がある意味苦痛な作業でした…。

私も含めて初心者のみんなが不安を感じながらブログを始めているんです。

そして、大体最初にブログを作り始めた時はブログの見た目もショボいし、記事もどうでもいいような内容で読みにくい構成だったりします。

一発屋
でもそれで全然OK!

ブログで絶対稼いでやる!」という意識さえあれば、記事を書いていくことにも必ず慣れていきますし、ブログを作っていく上での知識や技術は必ず吸収できます

一発屋
私がそうでしたから。

比較にあまり意味はない

そして、もう一つ大事なのは上ばかり見てもキリがないということです。

私が最初に立ち上げたブログは運営期間が2年ほど経過していますが、今でもそこまで洗練されたブログだとは自分でも思えません。

一発屋
ほとんど放置してしまっているブログですがそれでも月に10万円ほどの収益を生み出してくれています。

もっと運営期間が短いブログを見ても私よりも圧倒的に洗練された見た目でいい記事を書いているブログはごまんとありますがそれと自分のブログを比較して自分のブログはダメだなんて思う必要は全くないんです。

もちろん、比較したうえで『ここは自分のブログでも活かせそうだ』という点が見つかったならどんどん吸収していきましょう。

記事の文章をパクるのはご法度ですが、ブログや記事の構成、運営の仕方などをまねるのは全然OKです。

一発屋
むしろ積極的に真似していきましょう。

一番大事なのは、ブログでどれだけ自分らしさが出せるかということです。

同じテーマを扱っているブログというのは星の数ほど(言いすぎか…)ありますが、切り口の数も同じくらいの数だけあります。

ブログを立ち上げて記事を書いていくと、記事の検索順位を上げることが収益化における最重要課題となりますが、この検索順位を上げるという点でも自分らしさ(ユニークさ)を出すことは重要だと言われています。

スポンサーリンク




最初はどんな記事を書けばいいか

以前書いた記事で初心者さんは特化型ブログと雑記型ブログのどちらを作るべきかといった内容を扱ったことがあります。

特化型ブログというのはある一つのテーマに絞った記事を書いていくもので、雑記型ブログというのは特定のジャンルにこだわらずにたくさんのジャンルの記事を書いていくものです。

以前の記事で書いたように特化型ブログというものは検索順位を上げる上で有利に働くものの、初心者さんの場合すぐにネタ切れを起こしたり、すでに同じジャンルに強いライバルがいる場合、技術や知識が未熟な初心者さんには太刀打ちできない場合が多いです。

そこで初心者さんには雑記型ブログをおすすめしていました。

それでも

ジャンルにとらわれない雑記型ブログって言っても何を書けばいいのかしら…。
初心者さん

と言う方の方が初心者さんには多いと思います。

この悩みは私も経験したものでよくわかるのですが、実はそこまで深く考える必要は全くありません

例えば以下の私が最初に作ったブログの最初期の記事を見てみてください。

これは私の趣味であるランニングをした日の単なる日記です。

文字数は800字程度、見出しもないし文字の装飾もほぼ0、適当に張り付けられた広告…。

一発屋
いわゆる黒歴史ってヤツですかね…。

ですが、最初のうちはこのような適当な日記を書いていて全然OKです。

私の場合も、ランニング日記から始めてランニンググッズのレビュー記事を思い付き、当時やり始めたメルカリの利用方法や商品梱包方法が良い記事になるのではと記事にしてみたり、昔やっていたバイト(人力車の車夫)の裏話の記事を書いてみたり、はたまた楽天で買った商品を片っ端からレビュー記事にしてみたりと全くジャンルにとらわれない記事づくりを続けてきました。

今では200を超える記事があるブログになりましたが、主な収益に関わっている記事は100もないと思います。

一発屋
どうでもいい日記系記事が40強ありますし、旬が過ぎたテーマの記事もかなりありますからね。

ブログの収益化の面で大きな役割を果たすGoogleアドセンスは、ある程度のコンテンツが必要となり審査を通過する必要がありますが、私が審査に応募した時の記事数は15記事くらいの時でした。

記事の内訳は、日記(その他どうでもいい記事)×6、レビュー記事×6、お役立ち系記事(メルカリ関連)×3と言った感じでした。

この程度のブログでもGoogleアドセンスは通る(確実にとは言えませんが)のです。

ですので、あまり自分の中でハードルを上げすぎずに自分が書ける内容でいいのでまずは練習だと思ってなんでも記事にしてみると言うのがブログ収益化の一番の近道と言えます。

一発屋
それでも書く内容に困っているという方は遠慮せずにコメントをください。

出来る限りのアドバイスをしますよ!




PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

趣味ブロガー@ランナー

趣味ブログの運営だけで生きていく方法を模索中の元人力車の車夫ランナー。 好きなものはお酒と猫と夜更かし。 車夫廃業で極貧生活に陥り、副業でアフィリエイト開始。 約1年半で月収10万円を達成。

-ブログ実践記
-

Copyright© 趣味ブログだけで生きていく(仮)! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.